HYTZEN(ハイトゼン)の名前の由来。

無題

HYTZEN(ハイトゼン)の名前の由来。

由来なんかありません。まったくの造語です。

元々は、Hy-Trcikstarというウェブサイトだったのですが、作ったサイトの更新の手間が面倒になったし、ずっと放置していたらなぜかサイトが閲覧できなくなってネット検索からも出てこなくなりました(サーバー側の大規模お引越しがたぶん影響。完全なとばっちり)。
なので、「よし、もう全部一回消してブログ型に変えて始めから作り直そうと考えたわけです。

そして、そう考えた時にHy-Trickstarという名前になごりのあるドメインが残ったわけです。
hy-t.netとhy-t.comという買ってずっと使ってるドメイン(アドレス)が。

「これ捨てるのももったいないなぁ」ということで、じゃあ「HYT」がタイトルにつく名前で新しく始めよう。 と考えた時に長々と考えるのが面倒だったので自分の名前の光禅とくっつけて、 「HYTZEN(ハイトゼン)」でいいや。ということでそういうサイト名になりました。

だからハイトゼンの意味ってなんですか?と聞かれても

ないよ。んなもん。

というわけです。

ちなみになんで以前の自分のウェブサイト名がHy-Trickstarになったかというと、 元々は、「Trickstar」という名前にしたかったわけです。
きっかけは1999年。まだ子供だったころに渋谷のブックファーストの医学関連書籍のところで立ち読みをしていて心理学の専門用語で Trickstarという単語を見つけて ざっくり言うと、破壊と創造をもたらす元型(アーキタイプ)的な意味合いだったので
「これクリエイティブ・デザイン関係のサイトの名前にいいんじゃなかろうか?」ということで自分の中で候補だったのですが、
「いや、これたぶんそのうち世間でも知られるような単語になりそうだから直で使って他の人が後から使い始めてかぶるの嫌だな」と思ったのでより高度な存在である意味を込めて頭に「Hi-」を付けちゃえと思ったのですが、
「いや、それでもまたかぶりそうだな…」 ということからさらに変形させて「Hy-」にしちまえ。
ということから「Hy-Trickstar」になったわけです。

ちなみに スペル間違ってるんじゃない? トリックスターは、「Trickstar」じゃなくて「Trickster」。

starの部分はAじゃなくてEでしょ
と思われる方も多いのでしょうが、当時の専門書には「Trickstar」と書いてあった記憶があり、ペテン師を意味する「Trickster」とはスペルが微妙に違うのかーと思っていたので今でも心理学の用語としてのスペルはこっちであっているんだろうと思っている。

正直そんなものいまさらどっちでもいいですが。

ついでに言うと後に2003年にトリックスターという名前のオンラインゲームが大ブレイクしたので自分の「将来かぶるだろうな。こんな安易なネーミング」と予想していたのはずばり的中しました。

そういえばペルソナもそうでした。将来なんかのタイトルに使われそうだな。と予想していたらこれも案の定ズバリ。ちなみにペルソナという単語は銃夢というマンガで初めて知りました。「へぇ〜表層人格(ペルソナ)なんて単語・概念があるんだぁ」って。

だいたい1995年くらいかもしれません。友達の家でその漫画読んでた時に「おっ、この漫画バーコードがないぞ」って驚いたりしてた記憶があります。1990年代以前は漫画ってバーコードがないんですよね。たしか。

もともとここはクリエイティブ・デザイン系のサイトだったのですが、生活系まとめ記事をメインにサブでクリエイティブ・デザイン系のコンテンツを入れていこうかな。と考えています。

 
今まで色々な情報収集やなんかをしたりしていて、その情報精査や構築の残った絞りカスみたいなものを集めてNaverまとめで簡易型まとめとして作っていました。

最近まではそういったまとめの中にまとめに貢献した情報提供元の記事URLを貼って紹介していたわけです。
簡易型まとめなので個別でより詳しいことが知りたいなら情報元の記事に飛んで読んでください的なスタンスで。

ところがそれがNaverまとめパトロールに見つかって 「ステマみたいに受け取られかねないからその部分のアイテムは規約違反ということで表示不可にします。」 ということになってしまったわけです。

せっかく情報調査した結果、積み上げられた知識なんだし、まとめて情報として出したらみんな便利だよね。という理由から
Naverまとめだとかなり作りやすくて、まとめ記事といえばまずNaverまとめ!といった感じでより多くの人の目に触れる機会も増えるかな?というメリットがあったからNaverまとめで出していたのですが、
そのまとめがところどころ非表示にされ歯抜け状態にされてしまいました。

100万アクセス超えになったまとめもいくつかあっていっぱいお気に入りにされたり、いいね!されたりした人気コンテンツだったのですが、残念な状態にされてしまいました。

そして放置しておくとアクセス数もお気に入りも分かりやすく落ちるんですね。
コンテンツが歯抜けになってるので内容が100%じゃないのちゃんと分かるのね。

Naverまとめの言い分も十分わかるのですが、こちらとしては

「いやいやいや、誰のおかげでそんな良質なまとめコンテンツが作れたと思ってんだ。情報元あってのまとめだろ。」

「おいしいところだけもらって貢献したところにリンク貼るのはダメ?都合よすぎじゃないすか?」

と思ったので、

「だったらNaverまとめにくれてやるコンテンツなんかねぇよ」
ということでこちらのサイトにまとめコンテンツを載っけていこうかと思います。

「え、でもNaverまとめだとアクセス数に応じてお金もらえるでしょ」って思ってます?

1日10円くらいですよ?あんなもんボランティアですよ。

そんなはした金でNaverまとめにコンテンツを提供していたのは見てもらえる機会がより多いほうがいいという判断だけです。
お金になんかほとんどなってません。

ということで、HYTZENのメインは今のところまとめ記事でしょうか。

ここのコンテンツ見といたらとりあえず大丈夫(おなかいっぱいになれるよ)というようなサイト・ブログを作っていけたらいいな。 と思います。

2018年4月10日無題

Posted by HYTZEN